ファンデーション

60代から覚える本格化粧品活用法~選び方を変えてみよう~

スキンケアの新潮流

ボトル

抗酸化作用で美肌を実現

シミ・シワ・たるみなど肌のトラブルにはさまざまな種類がありますが、こうしたトラブルの多くの原因となっているのが活性酸素です。活性酸素は紫外線などの外部刺激を受けたり生活習慣が乱れたりすることによって発生量が増加することが知られています。そして肌細胞の酸化つまり老化を早め、ハリやうるおいといった活力を奪ってしまうのです。このため、各種のスキンケア製品には活性酸素の発生を抑える作用、すなわち抗酸化作用を持つ成分が含まれているのが普通です。抗酸化作用を持つ成分の代表的な存在として知られているのが、ビタミンcです。ビタミンcは動脈硬化や脳卒中などを防ぐ健康成分であると同時に、肌の老化を抑える美肌成分でもあります。

吸収率が大幅アップ

ビタミンcはフルーツや野菜などに多く含まれる栄養素であり、食事によって補給することができます。特に美肌効果を実感したいときは、ビタミンcを配合した化粧品などを用いて肌の表面から直接吸収させるのも良いとされています。中でも効果が高いとされているのが、ビタミンc誘導体配合の化粧品です。ビタミンcはそのままでは安定性に欠け、また水溶性のため肌の皮脂に弾かれてしまうと言う特徴があります。この点を改善したのがビタミンc誘導体です。ビタミンcを加工して肌への浸透力を高め、かつ安定した分子構造を持つようにしてあります。ビタミンc誘導体を配合した化粧品には美容液や化粧水、クリーム、パックなどさまざまな種類があります。いずれもビタミンcの持つ抗酸化作用を効率的に発揮できるよう工夫されたものです。最近では原液状態のビタミンc誘導体も市販されており、自分で配合して化粧品を作ることもできるようになっています。